ワンちゃんの無駄吠えをやめさせる方法

吠えるワンコ、吠えないワンコ、それもワンコにとっては自己表現かもしれませんし、個性とも言えるのかもしれませんが、人の多いところでワンコと暮らすならできれば無駄吠えはしないほうが何かとメリットが大きいもの。
中には犬が好きじゃない人もいるかもしれないので、他人への配慮はしておくにこしたことはありません。

先日テレビで犬のしつけに関する番組をやっていました。
その中で、ワンちゃんに無駄吠えをやめさせる方法が紹介されていました。

テレビに出ていたのはお店の中で放し飼いにされているワンちゃん。
飼い主としてはできればお店の看板犬になってほしいのですが、店の前の道を人が歩くと、大興奮してガラスの扉越しにワンワンと吠え続け、ジャンプしてガラス扉にアタックしていました。
店の前を散歩中の他のワンコが通ろうものならさらに激しく吠え続けている状態でした。

無駄吠えをやめさせる方法

テレビで紹介されていた方法は、ワンちゃんが吠えた瞬間に大きな音を立ててワンちゃんをびっくりさせるというもの。
ワンちゃんが不快に感じるような大きな音を立ててわんちゃんをびっくりさせ、吠えることによりその不快な音が鳴ると覚えさせる方法でした。

テレビではビニール袋にたくさんの空のペットボトルを入れてそれをワンちゃんの近くに投げて大きな音をたてていました。
わんちゃんは人間の数倍の聴力があるので、その音でかなりびっくりするようです。

ちなみに私は以前、これと同じ方法を犬のしつけ本で読んで実行したことがあります。
見事に愛犬は一切無駄吠えしなくなりました。
ちなみに私が書籍で読んだ方法は、大きな音を立てるという点では同じですが、空の缶にビー玉などをたくさん入れてそれを投げるという方法です。

空の缶は蓋ができたほうがいいので、例えば昔ながらの駄菓子屋さんで売ってそうなドロップキャンディーの缶はどうでしょうか。(私はそれを使っていました)
その中にビー玉をたくさん入れて投げるのです。

正直、マンションの室内でこれをやるのは、周辺の住民の方に対してかなり気が引けるのですが、夜はやらないようにしたり、フローリングの床に直接投げたりせずにソファーや布団の上に投げたりして、周囲の部屋に音がなるべく響かないようにしたほうが良いと思います。

また、大きな音なら他の方法で工夫しても良いと思います。
私が実際に試してみた方法としては、皮張りのソファーを布団叩きの棒で叩くというものです。

布団叩きというのは、ベランダなどに干した布団をたたくあの棒です。
皮張りのソファーをこれで叩くと相当大きな音がします。
そのためこれも周辺住民へ迷惑にならないようにしましょう。

ただ、愛犬が無駄吠えするように育ってしまうと、それ自体が周辺住民への迷惑につながる可能性がありますので、ワンコが無駄吠えしないようにしつけることは集合住宅に住んでいる飼い主にとっては大切なことだと思います。

無駄吠えしないワンコなら一緒に旅行も行きやすい

愛犬が無駄吠えしないと、旅行などの幅がとっても広がります。
例えば新幹線はワンコと一緒に乗ることができます。(参考記事:新幹線は条件付きでペット可。北海道新幹線や北陸新幹線でペット同伴旅行へ!
でも、無駄吠えするワンコだとやはり飼い主の心理的には厳しいものがあるでしょう。他の乗客に対して明らかに迷惑です。
新幹線や電車の中で一切吠えずにおとなしくしていてくれるワンコだったら、新幹線はとっても速いのでかなり遠くまででもワンコと一緒に旅行に行くことも可能です。

また、ペット同伴OKのカフェなどの飲食店を利用することもあるでしょう。
ペット同伴OKなので、ワンちゃんが多少吠えたとしてもそれほど文句を言われる心配はないかもしれません。
しかし、ずーっと吠え続けているワンちゃんや、他のお客さんが近くを歩くだけで激しく吠えるワンちゃんというのは、やはり他のお客さんに迷惑ですし、飼い主もなかなか落ち着いてゆっくり過ごすことができないのではないでしょうか。

飼い主が責任をもって愛犬に教えてあげましょう

上で紹介した大きな音を立てる方法は、そのテレビでも驚くほど効果があって、ワンちゃんの無駄吠えはかなりおさまっていましたし、私が以前にこの方法でしつけをしたときにも素晴らしい効果がありました。
そのおかげで、私は愛犬と一緒にお店に入ったり、旅行に行ったり、ペット連れOKの旅館に宿泊したりすることも気兼ねなくできています。

無駄吠えしているワンちゃんはそもそもそれがいけないことだと知らないのでやっているだけ。自分が育てているワンちゃんの責任はすべて飼い主にあるのですから、飼い主が責任をもってワンちゃんにきちんと教えてあげましょう。

なお、上で紹介した方法は、大きな音を立てるだけであって、ワンちゃんと叩いたり体罰を与えるものではありませんので、くれぐれもご注意ください。
また、愛犬が無駄吠えせずにいいこに我慢できたら、大げさなくらいワンちゃんをほめてあげましょう。