ワンちゃんの白内障についての経験談

わんちゃんにも人間と同じように白内障という病気があります。
視力が低下し、最終的には見えなくなってしまう可能性もあるそうです。
私の愛犬(現在11歳)も1年ほど前から白内障の傾向がありまして、同じようにわんちゃんの白内障について悩んでいる飼い主さんも多いと思いましたので、参考までに私の経験談を書きます。

犬

最初はよく見ても分からない程度

1年ほど前のある日、愛犬の目(の黒目のところ)がうっすらと白くなってるような気がしました。最初は部屋の壁紙の色や、蛍光灯の色が写っているだけかと思いました。いつもだったら気にせずそのままになってたかもしれませんが、たまたまそれよりちょっと前に近所を散歩しているとき、同じ犬種でかなり白内障が進行して目が白くなってしまっているワンちゃんとあったことがあり、そのことが頭をよぎりました。

その日からしばらく注意してよく瞳を見るようにしていたのですが、やはり少しだけ白いような気がします。
ちょうどお世話になっている動物病院に行く用事があったので、ついでに目も診断してもらいました。
その結果、やはりかなり初期の白内障の症状とのこと。

私はそれまで白内障という単語は聞いたことがあるものの、どんな病気なのかという知識はなく、最終段階まで行ってしまうと最悪の場合は失明してしまう可能性もあるということをその時に知りました。

ネットで売ってる薬が気になるが・・・

自分でネットで調べたところ、今のところ(本記事執筆時点)日本では犬用の特効薬のようなものはないらしいです。ただ、海外から個人輸入のような形で特効薬らしき薬を販売しているものを見かけました。紹介しているサイトが結構たくさん出てきます。
・・・が、正直ちょっとうさんくさいです。笑
しかし・・・とても気になります!!それで治るんだったら使ってみたいような気も・・・。
というわけで迷ってました。

メガネをかけた犬

ある日、知人と話していたところ、なんとその薬をネットで購入しようとした経験がある人がいました。
その人の場合は、買ったのに何も送られてこなかったそうです。笑
というけでその薬を買うことにはますますためらいが大きくなりました。

動物病院の先生に相談してみたのですが、そういう薬のことは聞いたこともない様子。
その動物病院では白内障の進行を止める効果が期待できる薬を扱っているとのことで、いろいろと迷いましたが、愛犬はまだかなり初期段階なのでとりあえずその動物病院で勧められた薬で様子をみることにしました。

その後の経過

その後1年ほど経過しましたが、愛犬の白内障の症状は全く進行していないようです!
動物病院に何度も行って、その度に目を診察してもらってます。
個人的にはなんだか白くなくなってるような気すらします。笑
もし治ってたらミラクルですが、とりあえず先生も進行はしてないと言ってくれてます。

メガネをかけた犬

点眼薬は朝昼晩で1日3回ずつしてますので、ちょくちょく動物病院に行って買ってきてます。とは言ってもそんなに高い薬ではないので負担ではありません。
点眼薬をした後にご褒美で大根のおやつをあげているので、愛犬は目薬の時間を楽しみにしてまして愛犬に「目薬する?」というとかなり喜びます。笑

ところでこの記事を書いてる途中にひさしぶりにちょっと白内障について検索していたら、人間用の白内障治療薬が2017年に治験開始のニュースが出てました。
その記事によれば、動物実験で重い白内障にかかった犬に効果があったとのこと。
人間と同様に犬用の薬としてもはやく完成してくれないかなーと願う今日この頃。

サプリメントもおすすめ

白内障に限らず、目のトラブルが心配なワンちゃんにはサプリメントを試してみるのはいかがでしょうか。
人間用のサプリメントと同じようにワンちゃんの場合も目のためのサプリメントとしてはブルーベリー&ルテインが良いと言われています。

ペットサプリメントのウィズペティから「愛犬の為の目のサプリ」【毎日愛眼】は動物病院の院長が推薦するアイケアサプリメントで、目に有効な成分をぎっしりと濃縮。国産で保存料・香料・着色料・化学調味料は不使用。安心安全なサプリメントとなっています。

病院からもらった薬などをなかなか飲んでくれないというワンちゃんも多いと思いますが、こちらのサプリメントは多くのワンちゃんが大好きなチキン味なのでその点も心配なさそうです。