もしもの災害で犬猫との避難所生活に備えた超多機能バック

いつ起こるか分からない災害。
地震、津波、台風、洪水など、近年起こった大災害で記憶に新しいものはいくつもあります。
そしてもしものとき避難所で暮らすことになる可能性は誰にだってあります。
ワンちゃんや猫ちゃんなどのペットと一緒に暮らす人にとって心配なのは、避難所にはペットを連れて行ってもいいの???ということですよね。

聞いた話ではペットを連れて行っても大丈夫なところとそうでないところがあるようです。
しかし、もし大丈夫だったとしても、様々な問題があるでしょうね。

  • ワンちゃんが吠えたりせずにおとなしくしていてくれるのかどうか。
    慣れない環境ではワンちゃんもストレスがたまっていつもとは違う問題行動をしてしまう可能性もあります。
  • 元気ならまだいいですが、ストレスなどのせいで体調を崩すのでは?
  • 周りに動物嫌いの人がいたら嫌がらせをされるのでは?
  • 動物嫌いではなくても犬猫アレルギーの人がいたら動物は追い出されるのでは?
  • 避難所では動物だけでなく人間だってストレスがかなりたまると思います。
    そんな中で周りの人たちが他人のペットにまで優しくしてくれるのかどうか。

心配ごとは挙げればきりがありませんね。

ある知り合いの話ですが、熊本の地震のとき、避難所では犬を受け入れてくれていたそうなのですが、その人は避難所で肩身の狭い思いをするのが心配だったので、危険を承知で犬と一緒にずっと自宅で過ごしていたそうです。
その気持ちは非常によく分かりますね。

そんないつ起こるか分からない災害に備えた素晴らしいキャリーバッグを見つけましたのでご紹介させていただきます。
【ペットキャリー GRAMP】は本当に感心するような機能が集約された素晴らしいバッグですよ!
これを見つけたときは少々興奮しました。笑

拡張してケージに早変わり!

このバックのメイン機能はやはり変形してケージになるということでしょう。
バッグのサイド部分が拡張して広いケージスペースが出来上がってしまうというのは画期的!
トイレシートを敷いても十分あまりあるくらいの広さなので、この中でワンちゃん猫ちゃんもリラックスして過ごすことができると思います。

他人にじろじろ見られるのを防止

避難所で他人にじろじろと覗き込まれて落ち着かない状態になったらかわいそうですよね。そんな状況に備えて大きめの布が付属していますので、これをケージの上からかけてあげると安心です。

給水ボトルをセット

バックには給水ボトルをセットすることができ、給水口もあいています。
これをセットしておけばバッグをいちいち開けなくてもペットにお水をあげることができて大変便利ですね。

4通りの持ち方が可能

もしものときはどんな状況なのかわかりませんので、長時間キャリーバックを持って移動するなどのこともあるかもしれません。
手提げ、ショルダー、リュックサック、前向き抱っこの4通りの持ち方が可能になっており、状況にあわせてワンちゃん猫ちゃんをしっかりケアしながら、飼い主さんの疲労もできるだけ軽減した使い方が可能になることでしょう。

旅行のときも活躍しそう

このバックはもしものときの避難所を想定して作られていることと思いますが、例えば旅行のときなども使えそうですね。
収納力は抜群ですし、旅館やホテルでペット同伴OKのところでも、室内ではケージに入れるという決まりがあるところもあるので、そのような場合に活躍しそうです。

他にもこのバックにはいろいろな機能がありますが、ここには書ききれないのでぜひ以下の商品紹介ページをご覧になってみてください。
同行避難の移動から避難生活まで「いつも」一緒をかなえる多機能キャリー【ペットキャリー GRAMP】